難波(なんば)でインプラント治療を行うならなんばクローバー歯科

なんばクローバー歯科でインプラント


【 相談無料 】 携帯・スマートフォンからも通話料無料で相談できます。

インプラントに関する悩み・疑問を相談

なんばクローバー歯科でインプラント

インプラント治療前のCT撮影を含む検査無料で受けられます。

難波(なんば)でインプラント治療を行うならなんばクローバー歯科

名称: なんばクローバー歯科

院長名: 共田京太

郵便番号: 556-0017

所在地: 大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3 マルイト難波ビル3F クリニックモール内

お電話でお問い合わせは >> コチラ

診療エリア: 大阪 難波(大阪市浪速区)

難波(なんば)でインプラント治療を行うならなんばクローバー歯科

↑↑↑↑↑↑
インプラントに関する悩み・疑問を解決

インプラントについて

いつまでも素敵な笑顔

全てのインプラント治療にとって大事なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかなんですね。この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないためたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてくださいね。


それだけでなく、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。



インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療全体の大きな部分を占めます。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。
高い費用も、一括払いには限りません。分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話もたまにあるということです。



これはなぜでしょうか。
一つには、歯茎の合間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。


ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。



インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。


歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。


人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、手術後しばらくの間、患者さんは違和感を感じるといわれています。腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてくださいね。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要なんです。多くのメリットを知られるインプラント治療。
でも、当然ながらデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高額のケースでは、数十万円必要になることもあり得ます。
加えて、治療が失敗して取り返しがつかない健康被害が起きるデメリットも忘れないでください。ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されていますね。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをしますね。


快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解なんですね。インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。
なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。


全面的に保険がきくことにしてしまうと、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。


保険適用外のケースが圧倒的多数で、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。


なんばクローバー歯科でインプラント なんばクローバー歯科でインプラント
加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるということも覚えておきましょう。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることがキーポイントの一つなんです。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。



ブリッジでもいいですよと言われましたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラントの方が良いと考えました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。
手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん違和感なく噛むことができるようになりインプラントが正解だったと思います。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方にすすめられる治療なのです。


抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通なんですね。入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。



様々なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思いますね。その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属があれば、そこは乱れて映ります。
インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないためそのため、MRI検査は問題なくできます。



耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。



ですが、便利な反面、制約もあるので覚えておきましょう。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大事なメリットの一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい強いものでもあります。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。



小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してくださいね。


異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要なんです。

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。

これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。
インプラント手術の経験と実績のある歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。しかし、医療費控除の対象ではあります。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって医療費を収入から引くサービスを受けられます。


なんばクローバー歯科でインプラント なんばクローバー歯科でインプラント
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたら再発行はできないと考え、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に生活を送ってくださいね。


日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動はしばらくの間は控えましょう。



傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。典型的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れなんですね。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

入れ歯などの方法と比べると、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのなんですね。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の卓越した技術が物を言うといわれていますね。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのなんです。一方、インプラントは原理が全く異なります。



これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのなんです。インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。

美的センスに加えて、熟練したスキルを必要とする、高レベルな作業なのなんです。これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけなんです。



歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点なんですね。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。

それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。



骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。


この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。